やりたいこと

OpenStreetMap(OSM)用の地図エディタ「JOSM(Java OpenStreetMap Editor)」で、トレース用の背景画像に、地理院地図(の「標準地図」)を設定したい。

やり方

1. メニューから「画像」-「画像設定」を開く

JOSMを起動し、メニューから「画像」-「画像設定」を開く。

2. TMSを選択する

「画像の設定」ウィンドウの右下にある、「TMS」ボタンをクリックする。

背景画像設定
背景画像設定

3. 背景画像URLを入力する

「画像URLを追加」ウィンドウで、以下の3つ(URL・ズーム・名前)を入力し、「OK」をクリックする。

「1.URLを入力します」のテキストボックスに「http://cyberjapandata.gsi.go.jp/xyz/std/{zoom}/{x}/{y}.png」と入力する。
地理院タイル一覧」に記載されているURLの「{z}」は「{zoom}」に変更する必要があるので注意
「2.ズームの最大値を入力します(オプション)」のテキストボックスに「18」と入力する。
「3.作成されたTMSのURLを検査します」のテキストボックス内の文字列は自動生成されるのでそのままにしておく。
「4.このレイヤーの名前を入力します」のテキストボックスに「地理院地図-標準地図(GSImaps/std)」と入力する。(名前はこの通りにしなくてもOK)

背景画像を追加する
背景画像を追加する

4. 登録を確認する

上記URLが登録されていることを確認して「OK」をクリックする。

登録確認
登録確認

5. 背景画像を変更する

メニューから「画像」-「地理院地図-標準地図(GSImaps/std)」を選択し、背景画像が変更されればOK。

※↓画像をクリックして再生(アニメーションGIF)

GSImaps/std表示
GSImaps/std表示

©OpenStreetMap contributors
JOSMの背景画像には国土地理院ホームページの地理院タイル(標準地図)を使用しています。

トレース時のsourceタグ指定

地理院地図をトレースして地図を作成した場合は、変更セットかオブジェクト(または両方)に対して、必ずsourceタグを指定すること。
「標準地図」を使用した場合は、sourceタグに「GSImaps/std」を追加する。
その他の地理院タイルについては、「sourceタグによる原典明記」と「利用可能なデータリスト」あたりを参照のこと。

JOSMで地理院地図を背景画像に設定する方法
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]
Pocket


Post navigation